快楽ぱんだと二次元

アニメとかマンガの感想を そこはかとなく更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ガンダムとエウレカ

ガンダムSEED DESTINY

ガイアからステラを救い出し、ミネルヴァに戻るシン
「キミのことはちゃんと、俺がちゃんと守るって、俺が・・・」
シンが熱い!ここまで感情さらけ出したのは初めてか

敵兵を助けることに躊躇し「敵兵の治療など艦長の許可なしでできるか」というザフトの医療班。それに対して

「そんなものはすぐ取る、だから早くっ!」

熱い・・熱いぜシン!

しかし、ステラの記憶にはシンはいなかった
狂ったように暴れるステラ
ステラがラボで生まれた戦闘マシーンであることを知るシン

それでも、それでもっ!
シンはステラと約束した守ることを諦めない

思えばシンにとって初めて守るという意思を起こさせたのが
ステラでした

妹マユは守れなかった。その恨みからザフトに入り
漠然とした恨みだけで戦ってきたシン
アスランやキラの敵の戦闘能力を無効化するにとどめ
命はとらないという戦闘スタイルと対照的に
コックピット狙いで確実に敵兵の命をとるという
シンの戦闘スタイル

大量殺戮者のシンがステラとのどう変わっていくか楽しみ

最後にステラはシンのことを思い出します
消されたはずの記憶がよみがえり今回はハッピーエンド
ステラは最後まで死なないでほしいんだけど・・・

ステラの記憶がよみがえってからは
シンとステラが愛し合ってるんだろーなーと匂わせる場面あり
想像にお任せしますって感じだったけど
管理人はもちろん想像してました!

さて後半はついにラクス始動
プラントに行くためにザフトのシャトルをぶんどります
ミーアとラクスの乳の対比がものすごかった
おめーら乳で気づけよ!

なんかハンムラビみたいのがシャトルを追撃するものの
哀れキラにあっさりと撃墜
フリーダムの強さは反則です


あと個人的な理由で「シン」というセリフがあると
とても嬉しくなってしまう管理人です
なんというかドキッとするんですよ
日本国民の何人かは同じ理由で嬉しいはず






交響詩篇エウレカセブン

今期の新アニメ最後の目玉が来ました
メカでの空中戦からスタート!
メカなのにスケボーのってます
この世界ではスケボーが大人気なんでしょうなあ
すごくよく動く戦闘シーン、さすがに気合十分です

主人公のレントンが登場してからは
なんとなく「フリクリ」のせかいを思い出しました
主人公の心のセリフや自分の町に退屈してるところなど
今はいない家族に英雄がいるところ、あとBGM

そんなわけでレントンの退屈な日常を打ち破る
ヒロイン、エウレカがレントンの部屋をぶっ壊して登場!
レントン一目ぼれです
エウレカのふとももにスタッフの熱いものを感じる

機械大好きっ子のレントンは機械に心があるというレントンにベタ惚れになってきます
初めて自分のことをわかってくれそうな娘に出会えたんだろう
学校ではちょっと変人扱いされてるっぽいレントン
レントンを受け入れれくれる奴はいなかったんだろうなあ

レントンは感情移入しやすい主人公になりそう

ニルバッシュの活躍は来週に持ち越しなのは残念だけど
来週が楽しみになりました
来週はレントンの旅立ちか?
期待どうりに楽しめそう

EDでもふとももにたいするスタッフの熱い情動が伝わったぜ! 


以上、終わり!
スポンサーサイト
  1. 2005/04/17(日) 09:32:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kairakupanda.blog7.fc2.com/tb.php/9-ce91bb0f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。