快楽ぱんだと二次元

アニメとかマンガの感想を そこはかとなく更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まほらば最終話感想 最終回なんだからちょとぐらい感想書こうよ 第2弾!

まほらば最終話

ちなみに第1弾は「いちご100%」です。
Image2005-06-27_223818s.jpg

うめぼし100%!

「まほらば」は「幸せ」をテーマにした作品だったと思います。
見終わった後幸せな感じになりますね~
ほんわか7・切なさ1・ラブ1・秘伝の味付け1で仕上げた見たいな作品です。

最終話、白鳥が梢を悲しい世界から呼び戻したのは、幸せな絵本でした。
原作は知らないんですが「まほらば」という作品を象徴するようなハッピーエンドでしたよ。

今回印象的だったのが珠美と白鳥のシリアスシーン。
梢を救うためならなんだってする、その覚悟、そして愛があなたにはあるの?
と問いかける珠美に対して

白鳥「あるよ。この気持ちが愛かわからないけど、覚悟はあるよ。僕だって梢ちゃんの幸せを願っているし、梢ちゃんのためならどんな苦労もいとわないつもりだよ。僕に救えるかどうかわからないけど・・・・・それでも!僕はずっと梢ちゃんのそばにいて、力になってあげたいと思っている」

あっさりと告白する白鳥。間接プロポーズみたいな言葉です♪

でも梢を元に戻したいんなら、他の人格を消さなきゃならないと訴える珠美。
そんなことをしたら梢が悲しむ、全員を幸せにしてみせるといいきる白鳥。

甘い、甘いよ白鳥!

でも、そういう甘さは嫌いじゃないです。みんなの幸せを願う、それがこの作品のテーマのような気がします。
こんな究極のバカみたいないい人にはなれないけど、誰かを幸せに出来る、たくさんの人を幸せにできるような人になりたいモンですよ♪
Image2005-06-27_223548s.jpg

みんな幸せ!

以上 終わり

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif


スポンサーサイト
  1. 2005/06/27(月) 22:56:38|
  2. アニメ|
  3. トラックバック:24|
  4. コメント:3

コメント

ぬくぬく

こんばんは。
超ウルトラスーパーハッピーエンドでしたね。
最後はちゃんとぬくぬくで終わるところが、「まほらば」らしく、安心して見れるアニメでした。

梢ちゃんの声の声優さん、最後の方は本当に大変でしたでしょうね。

肝心な時にちゃんと言動ができる白鳥君に惚れなおしました。
  1. 2005/06/27(月) 23:23:28 |
  2. URL |
  3. カメリア #-
  4. [ 編集]

こんばんは、カメリアさん♪

>超ウルトラスーパーハッピーエンド
って形容詞つけすぎ!
でも、ホントそんな感じの最後でしたね。
あったかい作品でした。

梢ちゃんの声優は5人の性格と声を演じなければならなかったですからね、大変です。しかも忙しく!

いつもおとなしい感じの白鳥なのに、今回はきっちり決めました。
たしかに惚れちゃいそうです(ヲイ)まあ、私が女ならね♪
  1. 2005/06/27(月) 23:36:26 |
  2. URL |
  3. すっぴん #-
  4. [ 編集]

終わっちゃったね
でも最後までとても良いですね
できれば棗たちが成長した
バージョンのまほらばが新連載して
欲しいな~
  1. 2006/06/17(土) 21:10:07 |
  2. URL |
  3. うぴ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kairakupanda.blog7.fc2.com/tb.php/116-014c35b0

まほらば 第25,26話(最終回スペシャル) 

まほらば~Heartful days 2まほらば~Heartful days 第3巻 (期間限定版)まほらば~Heartful days 4まほらば~Heartful days 第5巻 (期間限定版)毎度登場する「うめぼし姫」の絵本と重ねた「まはらば」ストーリーでしたが、最後に「うめぼし姫」が完結しましたね。「眠り姫
  1. 2005/06/27(月) 23:19:53 |
  2. Cosi Cosi

まほらば ~Heartful days ~ 第25話 告げる夜 第26話 まほらば(終)

何とか最初から逃さず見れたまほらばも今日で最終回。全体的にはよかったかなと思います。最後も何とかハッピーエンドで締めてくれましたしね。
  1. 2005/06/27(月) 23:20:56 |
  2. 木下クラブlog

まほらば~Heartful days~ 第26話最終回『まほらば』

朝、白鳥が目覚めると早紀がいた。早紀は絵本を見つけ、話を聞かせるよう言う。それに従い、縁側で「うめぼし姫」のお話はじめる白鳥だが、まだ未完成であった。動物達も登場させ、終わりに近づくが白鳥は何かに気が付いた…。5人、全てが、梢なのであると…。
  1. 2005/06/27(月) 23:39:53 |
  2. 桃月マンガ研究部blog

まほらばの感想

前回書いた通り、終了記念にイラストを描いてみました。梢とどっちにしようか悩んだんだけど、1番のお気に入りだった黒崎親子にしました。両方見たいと言ってくれたサトシアキラさんすみません…時間的問題で梢は無理でした…またいつかということで…さてついに最終回SP
  1. 2005/06/28(火) 00:22:01 |
  2. 悠久の小島blog

アニメ「まほらば」25話「告げる夜」26話(最終話)「まほらば」感想

 「まほらば」は上質な絵本である。そう感じた。あるいは、ファンタジーの力を信じている、メルヘンが世界を変えるという信念を持っている作品というべきだろうか。 「まほらば」は優れたファンタジーであり、この作品は世界を変える力を持っていると、私は思います。
  1. 2005/06/28(火) 01:55:08 |
  2. 無重力実験とアニメについて

まほらばの最終回をマジレスする。

いやあ、終わってしまいましたねぇ、まほらば。2回、3回くらいまでは、正直微妙だったのですが、結局半年間、一回も見逃さずに見ることができました。元々、原作を知ったのは、誰かの情報等ではなく、古本屋巡りをしていた時に偶然、その頃出たばかりの1巻と2
  1. 2005/06/28(火) 02:03:42 |
  2. ま。日和

まほらば Heartful days「-告げる夜-」「まほらば」感想

気になりましたら、クリックどうぞ♪じーんじーんじーんじーんじーんじーんえー、みなさんももう「まほらば Heartful days」、最終回を見終えた事と思います。期待裏切らぬ展開、期待裏切らぬ設定消化、期待裏切らぬ着地、そしてEDの「僕
  1. 2005/06/28(火) 02:43:26 |
  2. ここには全てがあり、おそらく何もない

▼まほらば ~Heartful days~ #25話 「告げる夜」 ★★★★☆☆

ファフナー、AIRと他で高評価されているアニメを手放しで評価できないTolstoiです。  正直、こうも他の感想サイトさんとズレるとひねくれ者なのかと3秒ほど自己嫌悪になります。
  1. 2005/06/28(火) 04:13:11 |
  2. Tolstoiの正直めどい。(アニメ妄想ブログ)

▼まほらば ~Heartful days~ #26話 「まほらば」 ★★★★☆☆

 アクエリオン見ながら書いてたらこんな時間に…゜。+.(ノ∀`).+゜  真面目な感想は25話の方にあるです。
  1. 2005/06/28(火) 04:29:59 |
  2. Tolstoiの正直めどい。(アニメ妄想ブログ)

まほらば第25話「告げる夜」・第26話「まほらば」を見て総括

 今回(25話)は、元の人格に戻らない梢ちゃんを、皆がどうにかして戻そうとやきもきするお話。 なんと言ってもこの回のハイライトは…白鳥くんと珠実と対決シーン。今までその柔和な顔に包まれていた珠実の本心が爆発した。「私は貴方が憎い!!」「私は梢ちゃんが好き
  1. 2005/06/28(火) 09:24:31 |
  2. サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

まほらば ~Heartful days~ #25~26 「告げる夜」/「まほらば」 [終]

ついに最終回を迎えてしまいました 作画、シナリオともに満点を与えたい作品でした!!製作者乙!! ちなみに2話一気に感想するので、1話づつやった方は2回TBください(・∀・)ニヤニヤ(ぉぃ 梢ちゃんが倒れてから人格がころころ変わってしまっていた 早紀「何で掃
  1. 2005/06/28(火) 16:34:15 |
  2. みつきちゃん親衛隊最高司令官総司令部♪

まほらば ~Heartful days~ 最終回 「まほらば」

 「うめぼし姫」の完結に伴い、梢ンジャーが元の梢(鞘)に納まりました。 フルバージョンEDの見事なる編集に全米が泣いた・゚・(ノ∀`)・゚・ 続き→ 
  1. 2005/06/28(火) 21:56:37 |
  2. 吠刀光

まほらば #25 「告げる夜」

まずは、先週の感想をサボッた事について反省・・・とか言いながらも、最終回もサボってしまおうかと思っていました(マテそれもこれも、全部仕事の忙しさのせいです。仕事が多忙な時期と、アニメキャプ・感想等の同時進行は極めて困難である事が判明。まだ#26のキャプ編集も
  1. 2005/06/28(火) 22:12:50 |
  2. 師匠の不定期日記

まほらば 第25話 第26話

まほらば ~Heartful days~ 第25話 「告げる夜」梢ちゃんに戻ってもらう為に、画策する3人...沙代子さんは遊びたいだけって気がするけどね。大物の予感って、確かに大物だよ!ナイスだ!沙代子さん!!やっぱり沙代子さんはこうでなくちゃ!朝美ちゃんのこの慌てようは...ま
  1. 2005/06/28(火) 22:40:03 |
  2. MADの日々

まほらば@25話、告げる夜

まほらば:ほっちゃん負けたよほっちゃん_| ̄|○個人的に負ける要素はゼロな勝負で、敗北宣言を告げたほっちゃんいやマジ、サービスショットも提供できず、あまつさえサービスショットを享受してるような主人公にほっちゃんが負ける要素なんて皆無だと思うんですが…つか、
  1. 2005/06/28(火) 23:09:49 |
  2. Phantom Moon

まほらば #26 「まほらば」

いよいよ最終回であります。作品自体のバランスはいいんですけどねぇ・・・、原作をミッチリ見ていると消化不良に思えるような。しかし、マッタリとしたホンワカ雰囲気が好評な内に最終話を迎えられて良かったなぁ。作画も割と安定していましたし・・・というかコレは安定せ.
  1. 2005/06/28(火) 23:32:19 |
  2. 師匠の不定期日記

[アニメ] まほらば 第25話・最終話 感想と総評

完璧な締めでした。ほんと感動しました。EDロールが流れてる時、今までのまほらばが思いだされ、素晴らしい作品に仕上げてくれた制作者の方々に感謝の気持ちでいっぱいになり、涙がとめどなく溢れました。 おれの嫁!!(≧∇≦) まほらば完結後、沙夜子さんと挙式をあ
  1. 2005/06/29(水) 09:07:47 |
  2. 【馬と戯れる少女逆転スリーラン】

まほらば「告げる夜~まほらば」

まほらば~Heartful days 2キングレコードこのアイテムの詳細を見る「告げる夜」 相変わらす主人格の梢ちゃんは眠ったまま。他の4人が入れ替わり立ち替わり現れては消えていきます。庭掃除一つするのに大騒ぎの早紀を眺めながら、沙夜子さん、「大物の手応え・・・」。何や
  1. 2005/06/29(水) 20:33:22 |
  2. KenjiMのブログ~アニメと野球と音楽と

まほらば 第26話(終)

第26話 「まほらば」 いよいよ最終話です。ストーリーと平行して描かれてきた白鳥の絵本もラストシーンを迎えます。梢のために必死に絵本を描く白鳥。絵本に興味をもった、梢の4人の人格は入れ替わり立ち代り続きをせがむ。その様子を見守る鳴滝荘の面々。灰原は、絵本を描
  1. 2005/06/29(水) 20:40:27 |
  2. + SERAらく日記 +

まほらば ~Heartful days ~

え!これで、終わりなの。残念。続編、期待しています。
  1. 2005/06/29(水) 23:41:22 |
  2. ゼロから

まほらば 最終話

「告げる夜」「まほらば」最終回と言うことで1時間スペシャル!いろいろ変身しても根底は梢ちゃんなんだね…(つД`)前半、珠ちゃん大告白!!!!でも白鳥さんには敵わない…。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん珠ちゃんかわいそうー!!でも桃乃さんと珠ちゃんには女の友情
  1. 2005/06/29(水) 23:47:14 |
  2. 隠れヲタな日々

まほらば~Heartful days~第26話(最終回)

第26話 まほらば 梢ちゃんが相手してくれないので、 朝までヌキちらかした白鳥君 で最終回スタートだ! (ずいぶんとテッシュつこたな、すぃらとりぃ
  1. 2005/06/30(木) 21:24:32 |
  2. 遊悠自的★liberal∞ideas

アニメいろいろ

ゾイド なんか丁度30分前に放送していた響鬼と同じような展開。(胸つながり)このシーン以外のトコは作画がずれ気味だった気が・・・(特に敵のコスモサウルスみたいなゾイドにのってたやつ)うえき天界人ってわかってから、今までと若干ベクトルの違う話になってきた感が
  1. 2005/07/01(金) 00:40:22 |
  2. 駄文とか駄文とか駄文とか(by AMt)

まほらば『まほらば』は、小島あきらによる漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。「月刊ガンガンWING」(スクウェア・エニックス)において、2000年11月号から2006年7月号まで連載された。漫画全62話(+番外編6話)、単行本全12巻。2005年1月から6月まで、同誌連載の漫画
  1. 2007/07/29(日) 13:21:52 |
  2. このマンガが読みたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。