快楽ぱんだと二次元

アニメとかマンガの感想を そこはかとなく更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ジャンプ36・37合併号感想 夏休みはジャンプ!

沖縄旅行から帰還!その間放送されたアニメとかの感想はすっ飛ばして、ジャンプ感想からスタートです。
夏休みってことで、ジャンプは凝ったつくりになってます。

ブリーチ

猿と平は人間?
死神でも人間でもない中途半端な存在だからどちらの存在も嫌ってるのかなあ?
猿柿ひよ里は浦原商店のジン太と似てる気がしますなあ。ジン太もあっち側の人間?
う~んクエッションマーク乱発してるな!

一護の方は自分の中に大きくなり始めた闇のことについて悩む。
ワケがわからないうちに大きすぎる力を持っていた者の宿命か。
しっかし仮面はなんだろう?
死神と人間の間の子供は仮面を持つことになるんだろうか?
人種の違う同士の子供は生物的に強かったりするそうです(何の話だ)



アイシールド21

試合のクライマックス!
モン太が鉄馬に競り勝ち、ボールがこぼれたところに走りこんだのがセナ!
正にチームの危機を救うエースって感じだよ!

そのセナの前に立ちふさがるはやはり陸。
よけるのではなく体ごとぶつかっていったセナの勝ち!
師匠越え。陸は悔しくもあり、また嬉しいものかもしれない。

とはいえまだ試合は終わってない!
あとワンチャンスをモノに出来るか!?



銀魂

暑い・・・暑い・・・暑いんじゃーーー!
私ん家でも扇風機が頼みの綱だ!
あとはペットボトルを凍らして、氷枕みたいに使ってます。
本当扇風機壊れたら死ねるかも・・・・・
そういうわけで、感情移入しやすかった今回の話。

扇風機買いに行ったのに、ワケわかんないうちに平和を守る戦いに巻き込まれちゃってるよ銀さん!
生足出してるショッカーみたいなのみてると、夢か現かわかんないやこりゃ。

アニメツアー情報が載っているページでブリーチ作者久保帯人が、ブリーチアニメに対しての応援メッセージを書いてると思いきや、

「個人的には 銀魂が楽しみです。」

そんな応援コメントに

「ええーーーっ!?」

と驚くブリーチキャラが面白かった♪


ナルト

おばあちゃんが解毒薬を服に仕込むなど、サクラを生かすために毒で死んじゃうような伏線が張られちまったよ・・・・・
まあ最初から死んじゃいそうな雰囲気はもっていたけどね。
ってまだ死んじゃいねえ!



ムヒョ

可愛さあまって憎さ100倍。
エンチューのムヒョに対する態度にはそんな深い愛みたいなのがあるような・・・・・
うまくいってればホモカップルになってたかも♪(ヲイ)

それはそれとしてムヒョは力を使い果たしまたまたピンチに!
ロージー!乙女を・・・・・じゃなくて漢をみせるとこだ!



タカヤ

ここ最近の掲載順位をみていると、なんとか生き残った感じのするタカヤ。
すっかり熱血学園バトルモノになってます。
最後の一撃はブルース・リーが有名にした寸勁(すんけい)かな?

格闘マンガだ!

渚とのあんなことやこんなことはどこいった!!(ヲイ)


みえるひと

陰魄ってのは人に危害を加える可能性のある霊ってことかな。
陽魄との違いはよくわからんが、陰魄になったら成仏させるしかないのかな?
それならアズミの母親を成仏させたあと、アズミも成仏させることになるか。

それとも、とんでもない方法でハッピーエンドにしちゃうのかな。




デスノート

実の父親が死ぬ寸前だってのに、容態を心配するんじゃなくてメロの名前が最優先事項なんだ・・・・・・

とはいえ父親の死に悲しんでいるようにも見える。
それが本心かどうかはぼかされて描かれているけど。

人殺しの経験がなく、いざというときに躊躇してしまう仲間たち。
いままで散々人殺しをやってきて命を奪うことに躊躇しないライト。
次にこのような作戦があったとき、ライトが前線に出ることになるかな。



ウサギとカメとストライク

部活でいじめられバッティングピッチャーとして培ってきた制球力。
そしてチェンジアップを武器に一人前のピッチャーに成長する物語。
アフタヌーンの「おおきく振りかぶって」を思い出させるような作品。

ミスフルがそろろそ終了しそうだし、野球マンガを入れとこう!
ってゆう編集者の魂胆が透けてきそうですよ。

しかしヒロインの存在が薄い・・・・・
せっかく画力は高くてかわいく描けてるのになあ。



ネウロ

今回の弥子の好物、アイスの天ぷらってなんだ!
アイスを揚げちゃったらただの液体になりそう・・・・・

ネウロはジャンプにすっかり馴染んできたきた感があるこの頃です。

笹塚はエリートコースから外れるなんらかの事件に巻き込まれたのかな?
エリートになった同期さんはやられキャラだなあ。
いいひとネウロに軽くひねられそう♪



ハンター

ああ・・・ちくしょう面白いなあ!

王が許しを請うことになるとは。
少女の何者にも屈しない強き覚悟。
折れたのは王の方。

成長していく王。
しかし人間にとっては倒さなければいけない敵。
もしかして倒す以外にも解決策はあるのか?
でも人間を主食としている以上難しいか・・・・・

 
以上 終わり

前回の感想はこちら

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif




スポンサーサイト
  1. 2005/08/09(火) 12:13:17|
  2. マンガ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

ジャンプ35号感想 いちご100%が最終話!

いちご100% 最終話

ついに最終話、3年半という長い連載でした。
そりゃあ私も歳を取るわけだ!
結構厳しい評価を受けたりした作品でしたが、物語の終わりが決定してからのクライマックスは本当によかったと思います。

というかこちらのマンガがあればいーのだ。のたかすぃさん作いちご100%感想が毎回すごかったです!
もういちご100%に対する思いのぶちまけ具合は、他の追随を許さないものがありました。
そのたかすぃさんが今度、最後のいちご100%祭を開催するとのこと。詳細はこちら
・・・って開催期間が8/13~8/21の9日間って長!

さあ最終話は卒業してからのそれからを描いた話。
ああっ!みんなの未来は光り輝いているじゃねえか!
久しぶりに会っても、昔と同じような会話をできるような関係っていいなあ。
出会いを重なられる友達・・・・・いいなあ。

そして主人公の真中は4年間ずーっとフリーターやってました!
さすがダメ人間!・・・・・ってわけじゃなくて、自分の世界を大きくするため、将来撮る映画のロケ地を探すために世界中を周り、世界を感じる旅をしていました。

一歩間違えれば本当にダメ人間になってしまうような旅、でも堕落してしまいそうなとき真中を支えていたのは「東城の脚本でいい映画を撮る」という想い。
そしてなにがなんでも成長して「西野と再び出会いを重ねていく」という約束だったのかな・・・・・

中学生の頃一緒に見た夢を実現させようと語る真中。
それに応える東城の笑顔は力強い、本当にこの娘はかわったんだなあと感じました。
夢を信じ、実現していく者の瞳。

そして最後は西野。
4年前の別れ。
いつか会えるという言葉を信じてがんばってきた、それぞれの4年間。
色んな経験があったはず、でもその想いは揺らぐことなく笑顔で迎えることが出来た再会!


くーーー!真中がいい男になっちゃうとなんか悔しいもんがあるんですけど!(ヲイ)
ひがみですねこの感情は。
ただ、幸せな終わり方ができてよかった。



アイシールド21

ヒル魔「チャンスなんざ最初から ここしか無かったんだよ・・・!!」

そこまで絶望的な戦いだった・・・・・
だからこそ最後のチャンスにかける想いは熱い!

絶対無敵だと思っていた鉄馬をもん太が破ったーーーー!!
正確に言うと鉄馬が最強なのは変わりない。
キッドが最強なのも変わりない。
しかし、鉄馬とキッドのコンビネーションをヒル魔の作戦ともん太の執念が打ち破ったーーーーー!!!

勝つにはもう一度、もう一度決めないと!
最後の対決はセナ対陸になるんでしょう!



銀魂

30文字以内で簡潔に感想を書いてみよう!

銀さんが似蔵の刀を木刀で折って勝負あり
孫と子供はしっかり愛せ


30文字ジャスト!(ヲイ)



ムヒョ

使者を倒すってFFでいえば召喚獣を倒すみたいなもんか?
どうやらムヒョはエンチュー相手に使いたい方法だったみたい。
そのエンチューが出てきたことで、一難さってまた一難状態。

ロージーがこの危機を救うキーになるのかな?




もて王

相手が好きになった娘じゃなくてもOKをもらえるという超必殺の告白方法が、
いちご100%で真中がやった「懸垂告白」!

またいちごネタ持ってきやがったーーー!!

1P丸々使っての「バスケがしたいです・・・・・」には吹いた!

このまま行っちゃってください!



Dグレ

うおおい!アレンのイノセンスが破壊されちゃったよ!
アレン最大のピンチか!

って思ってたらアレンがあっさりと殺されちゃったよ!
とはいえ心臓に穴を開けただけってことで、多少は希望が持てる展開。
仲間に治癒能力持った奴っていたっけか?



ネウロ

なんだか色っぽい今回の弥子。
それを見守るデブで眼鏡で将来ハゲそうで、それでいて俊敏な弥子ファン。
こいつレギュラーキャラだったとは・・・・・

人間の可能性に気づいたネウロ。
進化させるために、生きたいというギリギリの欲望を引き出した。
毎回殺人未遂なことをしでかして、人間を進化させようとする展開になると怖いなあ。

あと弥子はネウロに惚れちゃってるんだなあ。
そんなことを感じた今回の話。

以上 終わり

前回の感想はこちら

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif




  1. 2005/08/01(月) 14:20:07|
  2. マンガ|
  3. トラックバック:6|
  4. コメント:0

ジャンプ34号感想 35号が出る前に!

太臓もて王サーガ

めっちゃ笑っちゃったんですけど!
「とりえずいちごの真中ぐらいもてたいんでよろしく!!!」
もう他の作品をネタにすることを堂々と表明したよ!

私はスピンちゃんのネタにも笑ってたんですが、あえなく打ち切りに・・・・・
しかーし!またもや同じような路線で行くようです!
作者コメント「もう楽しんでいただけるなら何でもいいです。ギリギリまで戦い抜く覚悟です。よろしくお願いします」
自分にはこれしかない!と思ったんでしょうね。
ドラえもんネタにはさすがにビビりました・・・大丈夫か?

ただ、ネタ元がわからないと笑えないのかなと思う部分もあります。
こういう作品は私が苦手だった古文を思い出すんですよ。
本歌取りなんぞはネタ元がわかってないと素晴らしさがわからない。
わかる人にはわかるが、わからない人にはうざくてしょうがない。

この作品を支持する層は確かに存在するんですが、メインの読者は楽しめない作品になっちゃうかな~



銀魂

長谷川38になっても・・・・・小便ちびった!
なんかちっちゃく中年男の悲哀が描かれてた・・・・・
ふきだしなしのせりふですよ。

昼に鳴くうるさいセミ 
夕方に悲しく鳴くヒグラシ
夜になっても街の明かりの中で鳴いているセミは少し悲しい。
セミって光に反応して一生懸命鳴いているんですね。

お房は光だった


ムヒョ

前回までの展開からリオは消えてしまうんじゃないかと思っていましたが、どうやら救いの道が見えてきました。

ビコ「僕じゃ駄目ですか?」

このセリフってプロポーズしてるみたいだったよ。



ブリーチ

次の敵は破面。
また長い長い戦いが始まっちゃうんですね。
戦って 勝って 次の敵 ジャンプの王道パターンです。
でもブリーチは本当に戦いが長かったからなあ・・・・・
サクサクと話を進めてほしいところ。


 
ネウロ

ネウロがね・・・・・ないんですよ。
コミックス発売日当日には見たんですけど、1週間後にはどんな大きい本屋でも見当たらなくなって久しいです。
と思ってたら入荷してました!

そんなネウロに出てきた最強の異常者サイ。
素手で手錠を引きちぎるとか本当化け物。
弥子に化けたサイがネウロに抱きついている画は二人の表情が艶かしいなあ。



アイシールド21

両チーム必死の点の取り合いになってきました!
いままでたくさんの見せ場があったけど、展開が遅いとは思わせなかったのはすごい!
とうとうクライマックスですよ!
キッドもとうとうがむしゃらになって攻める覚悟が出来てきたし、すんごく熱い!
けど、キッドを熱くさせるのがヒル魔の長い長い作戦だったんじゃないかな?
な~にか企んでますよ。頼れるリーダーが!



切法師

ちゃんと作戦立てて、頭使って戦ってるなかなか楽しめるバトルエンタメになってますよ!
特集も組まれていたりしたんですぐに打ち切りってっことはなさそうなんだけどどうだろう?
画の見せ方がうまいんで楽しめます♪
カインが打ち切り決定ポイ雰囲気をかもし出しているんで、切法師は残るかな?



ハンター

あんだけハッタリかましといて出来た能力が全然使えねえ能力だった!
毎度毎度わたしゃひっかかってますよ!
そこが楽しいんですけどね♪

勝てないことに苛立ちながら、自分より強い相手に会えたことを喜びを感じている王。本人は喜びの感情を理解してないみたいだけど。
さて少女の呼吸を乱すために王が賭けようとしてるものは何か?
賭けをしても王が負けるのか?
うあ~気になるなあ。
来週も載るよね?
夏コミとか関係ないよね?


いちご100%

卒業式
仲間と共に歩むことが出来た青春
それを卒業生の答辞として堂々と話し上げる東城。
ええなあ
優しい笑顔で真中をみつめて
照れくさそうに席に戻る東城がなんとも・・・・・ええなあ

小説のラストで主人公が選んだのは、王女ではなく幼なじみ。
かなわなかった想いを小説に吐き出したんだろうか・・・・・
つらい想いを昇華したんだと思う。
形に残すことによって、東城なりのケジメをつけたんじゃないかな?
思い出を大切にして生きていくための。

つーか学生時代の仲間っていいなあ~
大人になればなるほど、心を許せるような友人をつくるのが難しくなってきます。
どっか打算みたいなものが入ってくるんですよ。
いいなあ若いって(ジジクサ!)

以上 終わり

前回の感想はこちら

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif




  1. 2005/07/29(金) 17:59:28|
  2. マンガ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジャンプ33号感想 土曜発売だったのに・・・・・

いちご100%

いつもならジャンプは最初から読んでいくんですが、今回はいちごから読んじゃいましたよ!

真中のことばを、気持ちを受け止める西野・・・・・
覚悟していた展開、真中は東城を選んだと思っていた。
でも、真中が選んだのは将来への道。
西野や東城のように夢に向かって歩いていくために得たんだ道。

だから嬉しかった、悲しみもあるけれども、未来に思いをはせることができる。
それは今よりずっと輝いている未来かもしれないから・・・
でも、今だけはずっと一緒にいたい。

西野「あたしがフランスに旅立つまでは あたしが淳平くんの彼女だからね!」

そんな西野の気持ち。最高の笑顔で伝えるそのことば。

限られた時間での一緒にいられる時間っていいですね。
このあと、大変エロいというか、読者の妄想が広がる展開に!
愛し合いまくりです!何回やったことやら(ヲイ)


真中にとって救いのない終わり方になるかもしれない、と思っていたので意外な展開でした。
これからどこまで真中が変わっていけるかです。



みえるひと

霊が見える男と、とんでもない霊にとりつかれた女の子の話。
幽霊もの、というよりアフタヌーンでやっている蟲師を思い出させるような話でした。
主人公の髪の毛が白いところとかね。

読みきりで読んだ記憶はあるんですが、怖さがアップしている感じかな(ううろおぼえ)



アイシールド21

とうとう西部の反撃開始!死闘の開始ですよ!

キッド「人間あんまいい期待しすぎっと ロクなことが無いんでねぇ・・・」

確かに真理かもしれない。けど何かでっかいことを成し遂げるにはバカみたいに信じきることも必要。
キッド、試合が終わるまでに熱く変わったりするんだろうか?

そしてセナと陸の対決。
一度でも負けたらセナに追いつけなくなることがわかってる。それは悔しいこと。自分ではセナにかなわなくなることがわかっている。
でも、この試合中だけは負けたくない。負けるわけにはいかない!
そんな陸がめちゃくちゃ熱いよ!
キッドの心を動かすのは陸か!?


ブリーチ

うおおい!ちゃんと伏線張ってたよ!コンが入っていたときは一護って呼ばなかったて、そんなん気づかねえよ!
なにが伏線になってるかわかったもんじゃないねこの作品は。
「ゾンビパウダー」では明らかにならない伏線がたくさんあったからなあ・・・

それにしても、黒崎パパ強!隊長クラスの力はあるってことみたい。



銀魂

獣の匂いがするあの人って、人気投票で驚異の4位をたたき出したあの高杉でしょうか?
ひっさしぶりの登場?

大体男はみんな左向きですか・・・そうですか・・・オレは!(マテ)

作者コメント「今週もまた、たくさんの下ネタを描いてしまいました。お父さんごめんなさい。」

下ネタあっての銀魂ですから!(違う?)
お父さんにもきっとわかる日が来る・・・黒川仏壇店。
わけわかんないこと、ほざいてすいません!石川県民限定ネタです。そんなCMがあったんです。



ムヒョ

リオの過去が語られる・・・・・

エグイ・・・エグイよこの世界!
エロジジイはどこの世界にもいますけどね。
精一杯やっているのに見下される。
魔具師ってかなり冷遇されてる感じです。

自分を受け入れてくれた唯一つの存在だった母の死・・・
世界への絶望、そして恨みを果たすために生きることを決めたリオ。
自分を慕ってくれた唯一つの存在であるビコの言葉は届くか・・・

たとえビコによって救われても、リオは消えてしまいそうだなあ。



デスノート

命をかけた決死の突撃だけど、メロはいそうにないなあ。
またライトの策は失敗に終わるのかなあ。


ネウロ

サイは実体のある化け物だった!
心臓止めるとか、細胞を意図的に変異させるとかできませんよ!
・・・・・小さい頃は、いつキョンシーに襲われてもいいように心臓止める練習したけど。

ネウロどうするんでしょ?どう料理するかが見ものです。



ハンター

初めて人の心、いや、他者の心に興味を持つようになった王。
語られたのは母の心。
王が殺した母の心。

キャラクターを作っていくのがうまいですよ。
敵だろうと味方であろうとちゃんとキャラクターを描く。いいなあ。
画のほうはちゃんと描いてないですけど!

モラウはやられちゃいそうだなあ。

以上 終わり

前回の感想はこちら

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif




  1. 2005/07/20(水) 21:37:32|
  2. マンガ|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:0

ジャンプ32号感想 某所で真中が血祭りに!

いちご100%

マンガがあればいーのだのたかすぃさんが真中を血祭りにあげるみたいです!
たかすぃさんのコメント欄がすごいことになってました。大変だなあ・・・・・負けるな!

前回、東城の気持ちが込められた作品を受け取った真中。
作品の結末がどうだったのかは今回描かれませんでしたが、作品を読み終わった真中は西野との別れを決意する。

なんというか・・・・・全員から見捨てられるんじゃないかと思うような展開です。
西野のことを捨てようとする真中、たとえ真中のことが本当に好きでも、そんな真中と東城は一緒にいたいと思うかな?
叶うわなかった想いを胸に、前に進んでいくことを決めた東城。

そうなると真中は一人で生きていくことに。自業自得エンドか!?

  

テニスの王子様

連載6周年ということでキャラクター人気投票の発表!
応募総数93,211票ですか、すげえ・・・・・
主人公のリョーマが堂々の1位。
巻頭カラーになった8位中3人がメガネっ子!4位手塚・5位忍足・6位乾!
もしかして、男のメガネっ子も需要が高いということですか?

さて本編

ラケットをぶち抜くスマッシュってありなんですかーーーーーー!!!


以上


ブリーチ

いやもうなんか怒涛の急展開!

石田パパはクインシーでした
黒崎パパは死神でした

石田パパはいいとして、実は黒崎パパが死神でした!っていうのは今までの話に矛盾がでてきそうな気がするんですが・・・・・



アイシールド21

ムサシのキックオフがロケットの打ち上げみたい!
大会ナンバーワンって感じのキックだ!

監督の決断が失敗に・・・・・
攻撃重視のチームが守りにはいっちゃいけねえってことですね。
点差がつまってきたこの状況から死闘が始まると予想です。
ムサシ登場からうまくいきすぎですからね。



銀魂

銀さんのあわてっぷりが想像をふくらませますなあ。
勘違いで三角関係戦争勃発!
さっちゃんがわけわかんないことに!
悲劇のヒロインになったり、復讐のメガネになったり、女と母を語ったりと大忙し。
うーん、妄想系だ。



ムヒョ

裏切りのリオ。魂をけずってまで何がしたかったんだろう。
強い恨みなのか・・・・・強い絶望なのか・・・・・
いずれにせよ、目的を果たしたら自分は消えてしまってもいいと思っているみたい。



タカヤ

またもや新しい女の子を投入!今回は巨乳がポイント♪
物語としては少年マンガの王道で、弱いものを守るために強いものに挑む展開に。
担当編集者が話を考えていたりして・・・ないかな?



切法師

繭のエピソードを読んでると、アニメ版ネギまの明日菜ラストエピソードを思い出すわけですよ。
助けて!って叫びたいのにいえない・・・・・迷惑をかけてしまうから
自分のせいで人が傷つくのはもう嫌だから・・・・・

この話の主人公倫太郎のまっすぐな心が、悲しみの繭を救ったところがよかったです。
気持ちいいセリフでした!



ネウロ

どうする~アイフル~♪
チワワを買うためにした借金で大変なことになっちゃてるお父さん・・・・・
アイフルに訴えられんじゃねえの?と思うようなギリギリのギャグ!

それはそうと犯人って一体なんなんでしょう?
伝染する悪意みたいなものでしょうか?


ハンター

人間肉団子の山・・・・・下書きでよかった!

ノブの能力は空間移動能力、具現化系?
ドアノブに名前がかけてあったんですね。
モラウの勝機はさっぱりわかんないなあ・・・・・



ユート

ついに最終回!
あんなに引っ込み思案だった雄図がこんなに積極的に!
という感じの最終回。
一度も日の目を見ることがなかったような作品だったなあ。
結構好きでした♪


ジャガー

暗!ネガティブ!マイナス!
ハマーの選んだ水着って女物だよ!
ああ・・・沖縄いってみたい!エメラルドグリーンの海はキレイなんだろうなあ。
ハイ、疲れてます。あと2週間ちょっとを乗り切って生きたい今日この頃です。

以上 終わり

前回の感想はこちら

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif


  1. 2005/07/13(水) 20:41:23|
  2. マンガ|
  3. トラックバック:6|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。