快楽ぱんだと二次元

アニメとかマンガの感想を そこはかとなく更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ネギま最終話感想 最終回はもう、お祭りです♪

魔法先生ネギま! 最終回

疾風怒涛の展開でしたが、ネギまらしくハッピーエンドに♪
いや・・・もう・・・お祭り?な感じで笑ってました!
31人全員しゃべった!ということで、いつもは10枚ぐらいをめどに画像載っけてるけど

31人全キャプチャ画像員やったる♪

お祭りですから、羽目を外しちゃいましょ!

まずは神楽坂明日菜!
Image2005-06-30_153444s.jpg

周りの人を傷つけたくなかったから身につけたマジックキャンセル能力なのに、そのせいでナギを失ってしまった。
魔族に襲われる明日菜、抵抗はしない

明日菜「いいよね?もう・・・・・私と一緒にいると不幸になるもの」

そんな明日菜を救ったのがネギ!

ネギ「いいんですよ?つらいときは人を頼ったて」

明日菜「でも・・・・・・」

ネギ「泣きたいときに泣かないと、笑えなくなっちゃいますよ」
Image2005-06-30_153656s.jpg

明日菜は心を開き涙を見せる・・・・・・

ええなあ・・・・・何で空飛んでるの?とかいわないで!

とまあ、明日菜の心が救われたところからはもう、お祭りです♪

明日菜を狙ってくる魔族たち。それを迎え撃つのがクラスのみんな!

宮崎のどかから、パクティオー!
Image2005-06-30_154017s.jpg


のどか「夕映、今ならはっきり言えるよ。私は本当にネギ先生のことが好きなの。でも恋のライバルが夕映でよかった。だって私が負けても喜べるでしょ?あっ・・・・・ごめんね夕映」

なんてキレイな心!汚れちまった私にはまぶしすぎるーーー!

夕映「すぐに謝るのはのどかの悪い癖です。こういうときはありがとうです、のどか!」

のどかの心に応えた!

のどか「うん!ありがとう、夕映」
Image2005-06-30_154111s.jpg

のどかと夕映の関係も修復です!ハッピーハッピー♪

ということで、綾瀬夕映もパクティオー!
Image2005-06-30_154133s.jpg

のどかが白魔導師で、夕映は黒魔導師!

もうこっからは、みんなでパクティオー!

近衛木乃香と桜咲刹那の関係も修復です。魔族に襲われる刹那を体を張って守ろうとする木乃香!
Image2005-06-30_153937s.jpg

木乃香「守られてるだけなんていやや!うちだってせっちゃんを守るんや!」

木乃香の体だけでなく、心も守ると決めた刹那なのでした。ずっと一緒♪
Image2005-06-30_154334s.jpg

翼を持つ刹那なのでした。

正直もうちょいこの4人は描いて欲しかったけど・・・・・・・お祭りだからよし!
雨降って地かたまるってやつです。それぞれの絆はより深いものに!

Image2005-06-30_161335s.jpg

全員お祭りに参加だーーー!!

Image2005-06-30_161214s.jpg

朝倉和美は情報収集!
Image2005-06-30_161250s.jpg

龍宮真名はそのまんまや!
Image2005-06-30_154246s.jpg

古菲はトンファー!
Image2005-06-30_161529s.jpg

佐々木まき絵は新体操アターック!
Image2005-06-30_161350s.jpg

鳴滝姉妹はニンニン♪
Image2005-06-30_154323s.jpg

葉加瀬聡美はイナズマパーンチ!

Image2005-06-30_161552s.jpg

春日美空はシスターに!神のいかずち!
Image2005-06-30_154338s.jpg

コスプレイヤー長谷川千雨は魔法少女に♪
Image2005-06-30_161640s.jpg

大河内アキラは水を操る「スプラッシュアターック!」
Image2005-06-30_154400s.jpg

委員長の雪広あやかはゴージャスです・・・・・って戦わんのかい!
Image2005-06-30_154434s.jpg

ザジはセクシーマジシャン♪うむ、エロくてよい!
Image2005-06-30_154439s.jpg

四葉五月は肉まんで魔族を昇天!魔族さんは命がけのグルメさんでした。
Image2005-06-30_154505s.jpg

柿崎美砂&釘宮円&椎名桜子のチアリーディング部は応援でスピードアップの補助魔法!
Image2005-06-30_154520s.jpg

早乙女ハルナは魔法のクレヨンで描いた、理想の男の子を実体化させて戦わせちゃいます!
Image2005-06-30_154614s.jpg

相坂さよとエヴァンジェリンは空中散歩(違)

と、ここでラスボス登場!

Image2005-06-30_162046s.jpg

バスケ部、明石裕奈の大ジャンーンプ!
Image2005-06-30_154656s.jpg

ジャンプで連れてこられた和泉亜子のお注射がラスボスに炸裂!
けどラスボスに捕まっちゃう。
Image2005-06-30_162153s.jpg

そのピンチを救ったのが茶々丸の「全弾発射」
Image2005-06-30_154733s.jpg

超鈴音と長瀬楓の戦闘シーンはなし(笑)
Image2005-06-30_154748s.jpg

那波千鶴はさらわれそうになる明日菜を守る!・・・がついには明日菜がラスボスにさらわれる。
Image2005-06-30_154759s.jpg

そこに登場したのは・・・・・だれ?
Image2005-06-30_154807s.jpg

残っていた村上夏美!
真打のネギを連れてラスボスの元までゴーーー!!!

ふぅ・・・・・これで全員活躍したよね?
名前間違ってないかな?

明日菜を盾にしてマジックキャンセルでネギの魔法を無効化するラスボスだけど、
Image2005-06-30_154938s.jpg

ナギの杖、明日菜を通して直接魔力を叩き込む!

ラスボスを倒したことで、強制的に明日菜が死ぬ前日に戻る。
小さい頃にネギたちに助けられた明日菜は叫ぶ
Image2005-06-30_155157s.jpg

明日菜「助けて!みんな、助けて!!」

明日菜が「助けて」といえなかった話のとき泣いちゃいましたから、明日菜が人に頼ることが出来るようになったここのシーンはすごくよかった♪

超と葉加瀬の科学の力、そしてみんなの力で呪いを解く。
Image2005-06-30_155544s.jpg

ハッピーハッピーハッピーエンド♪

強引といえば強引な展開ですけど、笑って見られましたよ。
そして最後は幸せな終わり方だったから、うん、私は好きですよ♪

最初の頃に視聴を断念した人っていっぱいいるのかな?
最後まで見ると、本当に波乱万丈なアニメ人生を送った作品でした。
最後まで見た人には、この作品に対して変な愛着がわいちゃうんじゃないでしょうか?
なんじゃこりゃあ!な話もあるし、本当に泣いちゃった話もあるし・・・・・
作画が・・・・・作画が・・・・・な話もあるし、神レベルの作画もあるし・・・・・
いろんな意味で毎週ドキドキしましたね♪

ということで私はこの作品大好きですよ!


のどかも!
Image2005-06-30_161033s.jpg

そんで、能登麻美子も!

以上 終わり

前回の感想はこちら

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif




スポンサーサイト
  1. 2005/06/30(木) 19:23:47|
  2. 魔法先生ネギま!|
  3. トラックバック:32|
  4. コメント:8

ネギま第25話感想 ちっちゃい明日菜復活!

魔法先生ネギま! 第25話 

最近の作画に見慣れていると、びっくりするような作画でしたが、そんなところもネギまの味です♪

委員長としてクラスをまとめるあやか。
ネギの分まで必死にがんばる、でも泣きたくもなりますよ。
Image2005-06-23_173056s.jpg

自分の弱さをさらけだせる相手がいるって素敵なことです。

文化祭の準備で忙しい教室にネギの姿はない。
一人悲しみに暮れるネギの元にやってきたのは、前回告白した夕映。
Image2005-06-23_172652s.jpg

夕映「同情して欲しいなら、もっと人がいるところに行くべきです!そっとしてほしいなら、魔帆良学園から離れてどこか旅行にでも行くです!どちらにせよ、ここにいることでネギ先生が得るものは何もありません!」

ネギのことを思い、今のネギを変えるため、あえて厳しい言葉を選ぶ夕映。しかし、ネギからは何の反応もない・・・

夕映「ここに留まるというなら、止めはしません。でも!ネギ先生にはあくまでも・・・」

ネギ「あくま・・・それだ!それです夕映さん!」

ネギが反応した言葉は「あくま」。悪魔の力をつかってまで、明日菜を生き返らせようというのだ。
痛々しい・・・
愛する者を失った者の狂気。
Image2005-06-23_172827s.jpg

そんなネギを止めようとする夕映。しかしネギはそんな彼女を突き飛ばす。明日菜の死を受け入れられない彼には、現実が見えていない。

そんなネギを止めたのはタカミチ。悪魔にだって魂をつくることはできないと説得する。
それでもあきらめきれないネギの腹に一撃を放ち気絶させる。

保健室で気がついたネギは、自分が先生を辞めさせられるかも知れないことを知る。保健室を抜け出し、なにもできないことがわかったネギは雨の街をふらふらとさまよう。

そこで出会ったのは葉加瀬と超の科学コンビ。
Image2005-06-23_173219s.jpg

明日菜を助けられないことを嘆くネギにたいして、科学の力で何とかなるかもと提案する。

科学部の部室に案内されたネギは、タイムマシンを見せられる。
明日菜が死ぬことになった原因を過去に行って取り除けば、明日菜は死ぬことはないというのだ。
このタイムマシンの動力源は魔法力。ネギの力を利用すれば過去をさかのぼれるという。
怪しげな装置、どんな結果がまっているかわからない。
それでも明日菜を生き返らせたいネギは、迷うことなく進みだす。

精神的に参ってるときに、希望をみせられると人は、たとえ怪しげなものでも頼っちゃうものなんでしょうね。
そんなときは宗教団体の勧誘に気をつけましょう!
人が宗教に頼るのはつらい現実があるから。
私は宗教全部を否定する気はないですが、現実に人の弱みに付け込む宗教はいくらでも存在しますよ。

それはともかく、ネギの魔法力でタイムマシンは作動開始。
Image2005-06-23_173600s.jpg

途中シンクロ率が低下し中止を伝える科学コンビだが、明日菜を助けたい一心のネギにはその言葉は届かない。

不安定ながらもタイムマシンはその力を発動させ、ネギ・科学コンビ、そして保健室を勝手に抜け出したネギを探して科学部の部室の前まできていたクラス全員を巻き込み、過去の世界へタイムスリップ!

ネギが飛ばされたのは9年前のドイツ。
Image2005-06-23_173710s.jpg

ちっちゃい明日菜カワイイ!

・・・じゃなくて、そこで9年前の明日菜と出会うネギ。
明日菜に再び会えたことに涙を流して喜ぶ。
自分の名を名乗る前にそこに一人の男が現れた。

伝説の男、サウザンドマスター。
ネギの父、ナギ=スプリングフィールド。

Image2005-06-23_173811s.jpg




一方、ネギとは違う場所に飛ばされたクラスのみんなは、早くもこの現実を受け入れちゃってます。さすが2-A!
夕映は現実を受け止め、この現象のエヴァンジェリンに問いかける。
エヴァンジェリンはその問いに答える。
自分やネギのこと、そして魔法について。
幽霊の相坂さよのこともあっさり受け入れちゃったクラスですから、エヴァンジェリンのこともあっさり受け入れそう。

その頃ネギは明日菜と魚採り。
Image2005-06-23_174226s.jpg

二人とも仲良くなって、平和を満喫してます。

そこに現れた平和を乱す魔族。
サウザンドマスターのナギを狙ってきたようだが
Image2005-06-23_174301s.jpg

ナギの魔法で一蹴!強い!
しょっちゅう魔族に襲われてるみたい。

その夜、憧れだった父親と話すネギ。ナギがなぜ旅をしているのかを尋ねる。
旅の理由、それは明日菜の契約を解くため。
明日菜は生まれつき特別な魔力を持っており、その魔力は魔族を引き寄せてしまう。周りの者たちに迷惑をかけるのが嫌で「自分からあらゆる魔力を遠ざける」契約を魔族と結ぶ。
Image2005-06-23_174441s.jpg

契約の代償は明日菜の命。あと10年限りの命。

明日菜は4歳のときに、こんな契約を結んだんですね。
4歳、やっとものごころついてくるころかな?
その頃の10年っていうのは、とても長い時間に思えたかも。
小さい頃に周りの人に迷惑をかけた、だから少女になった明日菜は誰にも迷惑をかけないように生きてきた。
小さい頃のトラウマが人に頼ることを拒まさせていた。
甘え下手ってことですよ。私も甘え下手なんでわかるなあ。

翌朝、ネギは朝ごはんをお礼に作る。
Image2005-06-23_174552s.jpg

ナギに褒められるネギはとても嬉しそう。
自分が息子であることを言い出してしまいそうで、水を汲みにいくネギ。甘えたいんでしょうね。

ネギが水を汲みに行ったあとに、明日菜が起きてくる。ネギのことが気になるようでカワイイ♪
そんな平和な朝にまたしても魔族がナギを狙って現れる。
まあ、楽勝かな♪と思いきや
Image2005-06-23_174644s.jpg

胸を貫かれるナギ!

どうやら明日菜の魔法キャンセル能力で、魔法障壁を無効化されてしまった様子。
京都修学旅行編で石化魔法を無効化したことから考えると、明日菜の半径2~3メートルぐらいは魔法は発生させられないみたい。

胸を貫かれながらも、魔族を道連れにして異空間へと消えるナギ。

ナギ「大丈夫!ちょっと留守にするだけさ、さよならじゃない。明日菜!」

最終話でナギの復活を期待できるような言葉を残す。そして

ナギ(ネギ、明日菜のこと頼んだぞ)

最後のセリフでナギが、ネギのことを自分の息子だと知っていたことが明らかに!
ネギとナギ、どっちも親子だってわかってたんですね。
どちらも言い出せなかったけど。

今回クラスのみんなが総出演でしたよ。全員声出せたのかな?

まあ、感想アップする前に他の方の感想とか見てたりしたわけで、いろいろ突っ込んでおられたんですが・・・

疑問は抱くな!!解き放て!!!(アクエリオンより)

以上 終わり

前回の感想はこちら

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif




  1. 2005/06/23(木) 22:12:35|
  2. 魔法先生ネギま!|
  3. トラックバック:27|
  4. コメント:6

ネギま第24話感想 明日菜の死、それを受け入れる者、抗う者、そして今までの関係は変わってゆく 

魔法先生ネギま! 第24話

大切な人を失った悲しみ・・・
その悲しみの受け止め方は色々・・・


明日菜の死
Image2005-06-16_154832s.jpg

OPには悲しい音楽
そして明日菜がホントに死んでしまったことを描ききる

それでも日常はつづいていて、明日菜が死んでからの初めての学校。
悲しみに暮れるクラスに入ってきたのは、不自然なくらい明るく振舞うネギ。
その明るい姿を見てネギが無理していることに気づく者、気づかない者。
委員長はそのことに気づき、自分も明るく振舞うことを決める。
Image2005-06-16_155221s.jpg

いつものように明るく振舞い、文化祭で何やるかを決めるように促す。
そんな委員長につられて、いつものような明るい雰囲気に。

悲しみに負けてしまわないようにするには、カラ元気を出してみること、忙しく動き回ること、そうすれば悲しいことを考えなくてもすむから・・・

相坂さよがお化け屋敷を提案(あんた幽霊でしょ!)するなど、
いろんな意見が出たけど、夕映が提案したミュージカルに決定!
そして主役はネギに、と促す夕映。
ネギは少し迷うがその提案を受け入れる。
そんなネギを見て

のどか「ネギ先生、はりきってるね」

のどかはネギが無理をしてることには気づいていないのかも。もう立ち直ったと思い込んでいるかな。
そんなのどかにヒロインを勧める夕映。
Image2005-06-16_155557s.jpg

ヒロインという大役に怖気づいてしまうのどか。

夕映「キスシーンだってあるかもです」

のどか「ええーー!わ、わ、私ネギ先生とキスなんて・・・そんなこと全然・・・ネギ先生とはそういうんじゃなくて・・・その・・・」

夕映「なぜ進もうとしないのですか・・・」

自分ならそうするのに、自分もネギは好きだから、でもそんかことは言い出せない夕映。
ネギが無理をしていることがわかっている夕映は、のどかに大切なネギを支えて欲しかった・・・・・のどかが出来ないのなら自分が!とも思っているようです。

 
木乃香は大切な明日菜を失ってしまったこと・・・
何も出来なかった自分、何も気づけなかった自分を責めていた。
刹那の胸の中で思いっきり涙を流す木乃香。
Image2005-06-16_155812s.jpg

木乃香「せっちゃんは、ずっと一緒にいてな。絶対離れんといてな!」

その願いに答えることは出来ずに、ただ抱きしめる刹那。
Image2005-06-16_155822s.jpg


刹那は別れを告げる置手紙を残し、木乃香の前から消え、陰からの護衛を第一にすることを決意する。
彼女もまた明日菜の死に関して責任を感じていた。
護衛に徹していれば明日菜を助けることができたんじゃないかと。
しかし、その選択は木乃香にとってはつらいもの。手紙を読み終えて崩れ落ちる木乃香・・・
一人になってしまった木乃香、大丈夫かな?


無理をして明るく振舞っていたネギ。学園祭の出し物についての承認を得るために学園長室を訪れる。
学園長はおらず、そこにあったのは神楽坂明日菜と書かれた小さな木箱。
思わずその箱にかけよるネギ。
Image2005-06-16_155946s.jpg

箱の中に入っていたのは、焼かれて黒くなった明日菜の鈴・・・
今まで考えないようにしていた明日菜のことが一気に思い出される!
明日菜への想いも一気にあふれだしてしまうネギ・・・

そんなネギが向かったのはエヴァンジェリンの家。
魔法で明日菜を生き返らせるために・・・しかし、
Image2005-06-16_160158s.jpg

エヴァンジェリン「ないんだよ、そんな魔法は!私もジジイも詠春も、あのサウザンドマスターだってそんな魔法は使えやしない・・魔法は奇跡じゃないんだ!」

どうしようもない現実を突きつけられるネギ・・・
魔法を使ってもどうにもならないこともある。
あきらめきれないネギはエヴァンジェリンの家から逃げ出すように走り出す。
エヴァンジェリンに突きつけられた現実。ネギは夕焼けの川をみながら、どうしたらいいのかわからなくなっていた

ネギはまだ10歳なんですよね。多分初めての大切な者の死。
がんばればなんとかなるんじゃないかと思ってしまう。
でも・・・がんばってもどうにもならない現実がある。
受け入れるべき運命、そして抗うべき試練。(エウレカセブンより)
おそらく明日菜は生き返るんでしょうが、本来なら大切な者の死は受け入れなければならない。
ここまで死について描くとは思ってませんでした。

明日菜のことを想いながら川辺で過ごすネギ。
そこにやってきたのは夕映。ネギのことを探し回っていたのかもしれない。
大切なネギを自分が支えてあげようと決心したのか、自分からキスを迫る夕映。
Image2005-06-16_160826s.jpg

しかし、大切なのどかのことを思い出しギリギリで踏みとどまる。
夕映にとってはネギものどかもどっちも大切。

その場面はのどかに目撃されていた。のどかが探し回っていたのはネギか、夕映か?

のどか「お、お話中・・ですね・・・ご、ごめん夕映!ネギ先生、また来ます!」

夕映「待つです、のどか!・・・のどかはなぜネギ先生を好きになったのですか?」

ネギの支えになると決めた夕映は、いえなかった全てをのどかに伝えようとする。

のどか「え?それは・・・」

のどかが答えないうちに

夕映「ネギ先生は他の男の人と違うといってましたね?それは男性以前の子供だと思っていたからではないのですか?」

のどか「え・・・・・」
Image2005-06-16_160942s.jpg

夕映に自分の気持ちを否定されてしまうのどか

夕映「怖くないから・・・そんな理由で人を好きになれるのですか!」

のどか「違う・・・」

必死に否定しようとするのどか、でも

夕映「思い切って踏み出したつもりで、でもそれは安全地帯に踏み出しただけです!だからのどかは今以上の進展を望まないのです!・・・今のままがいいから。ネギ先生なら安心ですか?」

今のままでいいと思っていたのは本当、だから答えられない

のどか「だって・・・」

夕映「ネギ先生なら自分が変わらないでいられる?」

のどか「あたしは・・・」

夕映「それは本当の好きなのですか?」

のどかを追い込む夕映

のどか「あっ・・・」

夕映「あたしは・・・・」
Image2005-06-16_160959s.jpg

夕映「あたしは、あたしはネギ先生が好きです!」

夕映の告白、そして突然のキス!
どうしていいかわからないのどかはその場から逃げ出すことしか出来なかった。
Image2005-06-16_161017s.jpg


この行動がのどかを傷つけることはわかっていた。それでも夕映は、傷ついているネギを支えようとしないのどかに怒っていたのか。

友達と好きな人が同じだったことってあります?
私が中学のときに好きだった女の子がいたんですが、実は私の友達もその子に想いを寄せていました。
三角関係!?
にはなりませんでした。だって、そのことをお互い知ったのは中学卒業して大分たってからでしたから。
中学のときは男同士で恋の話とかは照れくさかったんですよ。
ちなみにどっちも撃沈・・・
けど、中学生のときにそのことを知っていたら、友達に対してどんな行動にでたんだろう?って思います。
今回の夕映みたいな行動はとれたんでしょうか?
さすがにいきなりキスまではできないでしょうけど♪


さて、ネギまはどうなるんでしょう?どろどろ展開ですけど、最後は舞-HiMEばりに「かんにんなー♪」になっちゃったり(笑)

まあそんな冗談はともかく18話からの話は、全てエンディングに向けての伏線だったのかもしれません。(な、なんだってー)

のどかの告白に応えるネギ  タカミチに想いを伝えられない明日菜

木乃香と刹那の関係修復を描いた修学旅行

タカミチに想いを伝えた明日菜 その直後の死

そして・・・相坂さよ

最終回に向けて、ネギ・明日菜ペア、のどか・夕映ペア、木乃香・刹那ペアの関係が描かれました。
この6人をメインにして話が展開していくようです。
そしてそれぞれの関係が悲しい別れになってしまいそうです。
ラストはハッピーだとしても。

意外と相坂さよが明日菜復活のキーパーソンになるんじゃないかと思ってます。
幽霊だし♪わざわざ1話使って描いた意味もあるんじゃないかと。
全部がつながっていたらすごいですよ!
原作ファンから叩かれまくった修学旅行編の意味もここで浮上してくるわけですよ!

正直どんな終わり方を迎えようと、もうネギまは私の中で殿堂入り作品に決定済みです♪
こちらの光希桃さんのところでやっている感想率調査に参加させてもらったんですが、前クールで終了した作品の評価のアンケートもやっていたんですよ。
そこでの最高の評価が殿堂入りでした。
ネギまはムラのある作品ではあると思いますが、それでも殿堂入り作品ですね、私の中で。

以上 終わり

前回の感想はこちら

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif


  1. 2005/06/17(金) 00:06:44|
  2. 魔法先生ネギま!|
  3. トラックバック:25|
  4. コメント:0

ネギま第23話感想 神楽坂明日菜、人生最期の日。・・・あなたなら誰と過ごしますか?

魔法先生ネギま! 第23話

いつのまにかネギま!が大好きになってました。

今回は神楽坂明日菜、最期の日・・・
小さい頃の記憶、それは悪夢
Image2005-06-09_062206s.jpg

ちっちゃい明日菜かわいい!

・・じゃなくて、こんなに小さい頃に明日菜は一度全てを失っていた。謎の影によって。
Image2005-06-09_062203s.jpg

謎の影に「あと・・・10年」という言葉を叩きつけられた幼き日の明日菜。
明日菜の魔法無効化能力は、この謎の影によってもたらされた呪いだったのかもしれない。
この悪夢を思い出し、自分の命があと1日しかないことを悟る明日菜。
自分の体調が悪いのは風邪などではなく、呪いのせいだった。

体の調子が悪くても続けていた新聞配達のバイトを休む。
もう・・・生きていくためのお金は必要ないから。

学校には遅刻して登校。
「私が死んだらどうする?」とみんなに聞いてみる明日菜。
まともに取り合ってもらえなくて、笑い話としてすませてしまう。
いつもと違う様子に、委員長は気づいたみたいだったけど。

屋上で一人、運命を受け入れようと、自分に言い聞かせる明日菜。
そんな明日菜の前に現れたのはタカミチ。
Image2005-06-09_062826s.jpg

明日菜はタカミチに助けを求めようとする・・・・

明日菜「あの・・高畑先生。私・・高畑先生に・・高畑先生に、たすけ・・・・」

けれど、昔自分を助けようとして、犠牲にしてしまったものを思い出し、言い出せなかった「助けて」と。
タカミチを犠牲にしたくないから。

その代わり自分の想いを素直に伝える。受け入れてもらえないのはわかっていたけど・・・

明日菜「あの!私・・私、高畑先生が・・・好きです。・・・ずっとずっと好きでした!高畑先生のことが」

それでも最後に気持ちを伝えておきたかった。笑顔で!もう二度と会えないから。

明日菜の気持ちを考えるとグッときます。

想いを告げた後は、拒絶の言葉が怖くて冗談ですまそうとする。笑いながら、楽しそうに・・・
だけどホントは悲しくて・・・

Image2005-06-09_063031s.jpg



笑顔を演じてる上半身は描かずに、悲しみを隠そうとしている下半身だけ描く。
ホントにこの作品はすごいと思う。
キレイな夕陽・・けれどそんな夕陽を見て人が悲しく思うのは死の象徴だから。
最後に勇気を振り絞った明日菜と、最後の輝きを見せる太陽がかぶって・・・悲しいぐらい感動してました。


何も出来ないまま最期の日が過ぎてしまう・・・
何をすればいいのかわからなくて、街をさまよい歩く。
ホントは・・ホントは生きたいのに!

そんな明日菜に偶然出会ったエヴァンジェリンと茶々丸。
エヴァンジェリンの魔法の力ならなんとかできるんじゃないかと思い
Image2005-06-09_063312s.jpg

明日菜「ねえ、エヴァちゃん。私には魔法って効かないんだよね?」

エヴァンジェリン「フム、どうやらそうらしいな」

明日菜「・・いい魔法も・・効かないのかな?」

エヴァンジェリン「無理だろうな。いい魔法なんてものは、そもそも存在しないからな。いわゆる攻撃魔法でも、使い方しだいでは良い魔法になる」

明日菜「そっか、そうだよね。ごめんねエヴァちゃん」

最後の望みも絶たれた明日菜の表情が痛々しい・・・
Image2005-06-09_063436s.jpg

泣きますよそりゃあ。

私も泣いちゃってますよ!


一方、明日菜の異変に気づいたネギは、偶然ぶつかった夕映に相談。
Image2005-06-09_062501s.jpg

お約束♪

明日菜の流した涙、そしてカレンダーについてた印について相談。
カレンダーの日付が今日だったことから、何かの記念日か誕生日ではないかと推測。
ネギは明日菜の誕生日だと思い込み、助けてくれた夕映に感謝。
Image2005-06-09_062749s.jpg

手を握られ赤くなる夕映かわいい♪

さっそくネギは明日菜の誕生会を開くために、クラス全員を集めて準備開始!

明日菜が帰ってきたときには、
Image2005-06-09_063548s.jpg

クラス全員でお出迎え!

ホントは明日が誕生日だけど、今日が最後の日だけど、みんなと一緒に楽しむことに決めた明日菜。

幸せすぎて、もっと生きていたいと強く願う。
みんなに向かって「助けて!」って叫びたい、けど
Image2005-06-09_063956s.jpg

もう、みんなの世界とは切り離されてしまったかのようだ。

助けを求める代わりに発した言葉は

明日菜「みんな、ありがとう!これからもずっとずっとよろしくね!」

嘘・・ホントは今日で最後なのに。

最高の笑顔で、心で泣いて・・・
Image2005-06-09_064138s.jpg

だめです。こういうのホント泣いちゃいます。

最期の時は一人で迎えようとしていた明日菜。
そこに明日菜を探しにやってきたネギ。
 
明日菜「あたし、今のクラス好きだな~。来年も再来年も、ずっとあのメンバーでいれたらいいのに」

それはかなわない望みだけど・・・

ネギが自分のことを大切に想ってくれていることを知り、うれしくて、自分の弱さをみせてもいいって、助けを求めようとしたそのとき、運命の瞬間が・・・・
Image2005-06-09_064414s.jpg

明日菜、命の灯火が消える。


前回を見終わったときから、私が今回の話で泣いてしまうことは予想してました。

私が今期見ているアニメで泣いたのはネギま!だけです。
最初の作画はひどくて、めちゃくちゃに叩かれてましたね。
ファフナースタッフが合流して、急激なレベルアップが期待されたけど、
それほどは変わりませんでしたね。
でも最近の話にはやられっぱなしです。
大器晩成というか、波乱万丈な展開になっちゃいました。
今はこの作品ホントに好きになっちゃいました。
だって、私の心を動かしたんですもん♪
この作品に出会えてよかったです!


でも、ハッピーマテリアル1位運動には参加してなかったりします。
ああっ、そんな責めないで!ちゃんと友達には広げましたから!
けっこう天邪鬼なところもあったりするのです。
ただ、次回もこの運動をやるんなら買うかも。
宮崎のどか(能登麻美子)のために♪

以上 終わり

前回の感想はこちら  

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif


  1. 2005/06/09(木) 17:16:56|
  2. 魔法先生ネギま!|
  3. トラックバック:18|
  4. コメント:0

ネギま 第22話 明日菜が弱さを人にみせない理由は?

魔法先生ネギま! 第22話  

今回は演出というか、見せかたがうまいと再確認。

みんなで修学旅行の余韻を楽しんでます。
京都の写真で思い出話に花が咲いてますね~♪
Image2005-06-02_155235s.jpg

こんな写真とか!

そんな話をしてるときに、明日菜が学園長に呼び出される。
京都でのバトルに巻き込んだことを謝りる学園長。

京都でのバトルで自分の力不足を痛感したネギはエヴァンジェりンに師匠になってくれるよう頼む。
一度は断るがネギの熱意によって、師匠役を引き受けるエヴァンジェリン。
とはいえ自称悪い魔法使いということで、
エヴァンジェリン「いいだろう。だが私は悪い魔法使いだ。物を頼むときはそれなりの代償が必要だぞ」
その代償とは・・・・
Image2005-06-02_165408s.jpg

まずは足をなめろ、そして我がしもべとして永遠の忠誠を誓うのだ!」

なめたいんですけど(オイ)

Image2005-06-02_155703s.jpg

すかさず明日菜のツッコミキーック!をくらうエヴァンジェリン。

なんだかんだいってもネギのおかげで変わってきているエヴァンジェリン。人とかかわることに抵抗がなくなりつつあるみたい。


そして、のどかのアップ!久しぶりかも。
Image2005-06-02_155753s.jpg

ネギとのどかをくっつけようとする夕映に迫られて困ってます。

夕映「のどかは告白したのでしょう?だったらその先を望むのが・・・」

のどか「いいの、私自分の気持ちを伝えられたから・・・もうそれだけで」

夕映「それは本当の 好き なのですか」

のどかの告白は感謝の気持ちを伝える感じでした。
なんとなくわかります。そしてそれも 好き の一つの形です。 

明日菜は風邪を引いたのか少し具合が悪いみたい。それでも修学旅行で休んだ分新聞配達のバイトに励む。
そのバイト代で修学旅行の代金を支払う。甘えたくないから。

木乃香と刹那は京都以来ラブラブです!
Image2005-06-02_160631s.jpg


そんな二人の関係や、ネギとエヴァンジェリンの関係を見て、自分もタカミチとの新たな関係になれたらな、と思っているような明日菜。
Image2005-06-02_160918s.jpg




学校の帰り道、風邪薬を買うために薬局へ寄ろうとしたとき、オープンカフェで本を読んでいるタカミチを発見。

みんなが勇気を出して新たな関係を築いたことに勇気付けられ、今度こそ想いを伝えるためにタカミチに向かって歩き出す明日菜。
Image2005-06-02_161037s.jpg

でも、そこで見たのは・・・・
Image2005-06-02_161047s.jpg



声をかけることも出来ず、風邪薬を買うことも出来ずに帰る明日菜。

ここのシーンは切ないけど、すごくよかったですよ。

片想いは告白することもなく終わってしまった。
一つの世界が終わってしまったかのような感覚。
それでも日常は何事もなくつづいていて・・・・
わかります、その気持ちは。中学生・・・か(遠い目)

落ち込んでいる明日菜に気づいた委員長は、いつものようにケンカをふっかけながら、明日菜を励ます。
Image2005-06-02_161209s.jpg

いい娘やなあ委員長。ちょっと不器用だけど。

翌朝体調が悪化しているのにもかかわらず新聞配達に出かける。
いつもどおりに動いて気を紛らわしたいんでしょう。
ホントは誰かに自分の弱さを打ち明けれればいいのに、思いっきり泣けばいいのに、無理して明るく振舞う明日菜。

せつないなあ。そういえば明日菜は人に自分の弱いところを見せまいと必死になってた。
何が彼女をそうさせるのか?過去には何があったのか?
・・・と思わせといて今回は終了。
次回がかなり気になります。期待していていいんじゃないでしょうか!

以上 終わり

前回の感想はこちら

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif


  1. 2005/06/02(木) 18:45:04|
  2. 魔法先生ネギま!|
  3. トラックバック:14|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。