快楽ぱんだと二次元

アニメとかマンガの感想を そこはかとなく更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ジャンプ36・37合併号感想 夏休みはジャンプ!

沖縄旅行から帰還!その間放送されたアニメとかの感想はすっ飛ばして、ジャンプ感想からスタートです。
夏休みってことで、ジャンプは凝ったつくりになってます。

ブリーチ

猿と平は人間?
死神でも人間でもない中途半端な存在だからどちらの存在も嫌ってるのかなあ?
猿柿ひよ里は浦原商店のジン太と似てる気がしますなあ。ジン太もあっち側の人間?
う~んクエッションマーク乱発してるな!

一護の方は自分の中に大きくなり始めた闇のことについて悩む。
ワケがわからないうちに大きすぎる力を持っていた者の宿命か。
しっかし仮面はなんだろう?
死神と人間の間の子供は仮面を持つことになるんだろうか?
人種の違う同士の子供は生物的に強かったりするそうです(何の話だ)



アイシールド21

試合のクライマックス!
モン太が鉄馬に競り勝ち、ボールがこぼれたところに走りこんだのがセナ!
正にチームの危機を救うエースって感じだよ!

そのセナの前に立ちふさがるはやはり陸。
よけるのではなく体ごとぶつかっていったセナの勝ち!
師匠越え。陸は悔しくもあり、また嬉しいものかもしれない。

とはいえまだ試合は終わってない!
あとワンチャンスをモノに出来るか!?



銀魂

暑い・・・暑い・・・暑いんじゃーーー!
私ん家でも扇風機が頼みの綱だ!
あとはペットボトルを凍らして、氷枕みたいに使ってます。
本当扇風機壊れたら死ねるかも・・・・・
そういうわけで、感情移入しやすかった今回の話。

扇風機買いに行ったのに、ワケわかんないうちに平和を守る戦いに巻き込まれちゃってるよ銀さん!
生足出してるショッカーみたいなのみてると、夢か現かわかんないやこりゃ。

アニメツアー情報が載っているページでブリーチ作者久保帯人が、ブリーチアニメに対しての応援メッセージを書いてると思いきや、

「個人的には 銀魂が楽しみです。」

そんな応援コメントに

「ええーーーっ!?」

と驚くブリーチキャラが面白かった♪


ナルト

おばあちゃんが解毒薬を服に仕込むなど、サクラを生かすために毒で死んじゃうような伏線が張られちまったよ・・・・・
まあ最初から死んじゃいそうな雰囲気はもっていたけどね。
ってまだ死んじゃいねえ!



ムヒョ

可愛さあまって憎さ100倍。
エンチューのムヒョに対する態度にはそんな深い愛みたいなのがあるような・・・・・
うまくいってればホモカップルになってたかも♪(ヲイ)

それはそれとしてムヒョは力を使い果たしまたまたピンチに!
ロージー!乙女を・・・・・じゃなくて漢をみせるとこだ!



タカヤ

ここ最近の掲載順位をみていると、なんとか生き残った感じのするタカヤ。
すっかり熱血学園バトルモノになってます。
最後の一撃はブルース・リーが有名にした寸勁(すんけい)かな?

格闘マンガだ!

渚とのあんなことやこんなことはどこいった!!(ヲイ)


みえるひと

陰魄ってのは人に危害を加える可能性のある霊ってことかな。
陽魄との違いはよくわからんが、陰魄になったら成仏させるしかないのかな?
それならアズミの母親を成仏させたあと、アズミも成仏させることになるか。

それとも、とんでもない方法でハッピーエンドにしちゃうのかな。




デスノート

実の父親が死ぬ寸前だってのに、容態を心配するんじゃなくてメロの名前が最優先事項なんだ・・・・・・

とはいえ父親の死に悲しんでいるようにも見える。
それが本心かどうかはぼかされて描かれているけど。

人殺しの経験がなく、いざというときに躊躇してしまう仲間たち。
いままで散々人殺しをやってきて命を奪うことに躊躇しないライト。
次にこのような作戦があったとき、ライトが前線に出ることになるかな。



ウサギとカメとストライク

部活でいじめられバッティングピッチャーとして培ってきた制球力。
そしてチェンジアップを武器に一人前のピッチャーに成長する物語。
アフタヌーンの「おおきく振りかぶって」を思い出させるような作品。

ミスフルがそろろそ終了しそうだし、野球マンガを入れとこう!
ってゆう編集者の魂胆が透けてきそうですよ。

しかしヒロインの存在が薄い・・・・・
せっかく画力は高くてかわいく描けてるのになあ。



ネウロ

今回の弥子の好物、アイスの天ぷらってなんだ!
アイスを揚げちゃったらただの液体になりそう・・・・・

ネウロはジャンプにすっかり馴染んできたきた感があるこの頃です。

笹塚はエリートコースから外れるなんらかの事件に巻き込まれたのかな?
エリートになった同期さんはやられキャラだなあ。
いいひとネウロに軽くひねられそう♪



ハンター

ああ・・・ちくしょう面白いなあ!

王が許しを請うことになるとは。
少女の何者にも屈しない強き覚悟。
折れたのは王の方。

成長していく王。
しかし人間にとっては倒さなければいけない敵。
もしかして倒す以外にも解決策はあるのか?
でも人間を主食としている以上難しいか・・・・・

 
以上 終わり

前回の感想はこちら

アニメ・マンガ関係の人気blogランキングへジャンプしますbanner_03.gif




スポンサーサイト
  1. 2005/08/09(火) 12:13:17|
  2. マンガ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

コメント

アイスのてんぷら

初コメントです。
ネウロのアイスのてんぷらなんですけど、
学園祭とかで偶に見かけたりします。

アイスの表面のみ、衣が付いて、外はサクサクで熱々。中はとろとろで冷たいといった感じなものです。

味は温度差があるドーナッツみたいな感じです。
(わかりにくい!)
だいたいちょっと値段が高めなんですよね。 
早く食べないと熔けてしまいます。
  1. 2005/08/10(水) 02:43:24 |
  2. URL |
  3. サムずアップ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

悩みに応えてくれてありがとうございます!

温度差があるドーナッツですか~
初めてアイスの天ぷらを作ろうと思った人はすごいです。
熱いものと冷たいもののミックスですよ!

祭シーズンが始まったばかりなので、どこかでみかけたら値段にかまわず食べてみます♪
  1. 2005/08/10(水) 09:59:42 |
  2. URL |
  3. すっぴん #-
  4. [ 編集]

【動画】過激ベッドシーン!高岡早紀と岸谷五朗※画像と動画は下のリンクに隠してます。 「アッ、そこ、もう少し優しくタッチして…あっ」と男の

【動画】過激ベッドシーン!高岡早紀と岸谷五朗

※画像と動画は下のリンクに隠してます。



「アッ、そこ、もう少し優しくタッチして…あっ」と男の"指テク"に
身悶える乱れっぷりは、ファンにとってまさに垂涎もの。

映画は冒頭から激しいベッドシーンが展開9回ほどの過激な濡れ場が
ドラマでもふんだんに盛り込まれるようです。
高岡早紀ファンならずとも見てみたい作品になりそうです


映画レイプシーンは⇒コチラ
http://zara07410.at.webry.info/200704/article_1.html
  1. 2007/04/10(火) 14:10:21 |
  2. URL |
  3. 【動画】過激ベッドシーン!高岡早紀と岸谷五朗 #qQb6OTIY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kairakupanda.blog7.fc2.com/tb.php/170-b4edbb44

今週のジャンプ感想を書くぞ!(36・37号)

週刊少年ジャンプの感想をだらだらと。やっとこさ、書き終わりました。今週号を読み終わった時は、面白かった~!っていう充実感に包まれたのですが、筆が全く進みませんでした。内容の良さとブログを書く意欲って言うのは、どうやら比例しないようですね。この記事の中には
  1. 2005/08/12(金) 00:33:40 |
  2. 『日々見聞きしたもの…。』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。